【ケース別】珪藻土バスマットのお手 入れ方法は3つだけ!

   

優れた吸水・速乾性能でお手入れも簡単で大人気の珪藻土バスマット。

布製のバスマットなら洗濯の必要がありますが、珪藻土バスマットは洗濯の必要もありません。

しかし、汚してしまった時など、どのようにすればよいか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

今回はケース別に珪藻土バスマットのお手入れ方法をご紹介します。お手入れが簡単と言われているだけあって、今回ご紹介する3つの方法を覚えるだけで、珪藻土バスマットのお手入れは十分です。

是非、参考にしてくださいね。

ケース1:珪藻土バスマットを汚してしまった

珪藻土バスマットに汚れがついてしまった場合、布巾をぬるま湯で濡らして固く絞ったもので叩くようにして汚れをふき取りましょう。洗剤は絶対に使用しないでください

珪藻土バスマットはナノレベルの細かな穴が無数にあり、それによって優れた吸水・速乾性能を実現しています。洗剤を使用すると、乾いた洗剤によって珪藻土バスマットの穴が詰まってしまい、吸水性が失われてしまう可能性があるためです。

また、布巾でもふき取れないような汚れは、漂白剤をぬるま湯に混ぜて使うとさらによく取れます。

それでも落ちない頑固な汚れについては紙やすりで削ってしまいましょう。汚れを表面ごと削り取ってしまうイメージです。

大半の珪藻土バスマットは表面に何も加工はしていないので、表面を削っても見た目に変わりがありません。

ケース2:珪藻土バスマットの吸水性が低下した

優れた吸水性を持つ珪藻土バスマットですが、使い続けていく内にその吸水性が低下する事があるようです。

原因は珪藻土バスマットの細かな穴にホコリや皮脂が詰まってしまう事によるものです。

対策としてはマットの表面を紙やすりで削り取ってください。頑固な汚れと同じで詰まったゴミも含めて表面を削り取ってしまうのです。そうする事によって、新しい表面が出てきて再び吸水性が復活します。

ケース3:割れる

残念です。復活する見込みはありません。あきらめましょう。

ただ、こちらに瑕疵がない場合は、販売元に相談してみてください。無償で交換してくれる事があるようです。

珪藻土バスマットの日々のお手入れは?

珪藻土バスマットのトラブルといえば、前述の3点ですが日々のお手入れとしては陰干しが推奨されています。外に干すことによって日光による殺菌効果が期待できます。元々、菌が繁殖しづらい物ですが、干すことによってさらに清潔になります。

陰干しは天日干しに比べて殺菌効果が低いですが、決して天日干しはしないようにしましょう。珪藻土バスマットが反ってしまう原因になります。反った状態で使用すると割れる原因となってしまいますので注意しましょう。

頻度としては週に1回程度でよいみたいです。ちなみに我が家は購入して数ヶ月経ちますが、まだ一度も陰干しをしていません。

やはり速乾性能が高い珪藻土バスマットは、お手入れせずにそのまま使用しても特に問題にならないようです。

 

まとめ

今回は珪藻土バスマットのお手入れ方法についてご紹介いたしました。

布製のバスマットに比べると、お手入れが簡単だといわれている珪藻土バスマットですが、使ってみると本当に手間がかからないです。

速乾性能が非常に高いので、複数人が使う家族におすすめですが、基本お手入れいらずなのでひとり暮らしの方にもおすすめです。

ご興味がある方はぜひ検討してみてくださいね!

 

 

 - ライフログ